Sapporo Dance Collective News



Sapporo Dance Collective(さっぽろ だんす これくてぃゔ)とは、

クリエイターが集い、提案、実験、対話し、ダンスを創造する場です。

 

昨年、発足し、第1作品は2018年8月〜12月のクリエイション期間を経て、12月14日〜16日の3日間公演を行いました。

今年も引き続き、羊屋白玉氏(指輪ホテル芸術監督)をディレクターとして迎え、活動します。

 

今年の作品タイトルは、昨年に引き続き『HOME』。

昨年はみんなでひとつの作品に取り組みましたが、今年はいくつかのグループに分かれてオムニバス形式で作品をつくり、

3回のワーク・イン・プログレスを経て、作品創造、発表に臨みます。