Sapporo DanceCollective(さっぽろ だんす これくてぃゔ)とはクリエイターが集い、提案、実験、対話し、ダンスを創造する場です。


News


サッポロダンスコレクティヴ 2022映像配信

「生活史とダンス〜サッポロ、シリベシ、マシケ編」

配信チケット販売:https://sdc2022myfoolishmind.peatix.com/

配信期間:2022年3月16日(水)20:00 〜 2022年3月31日(木)24:00

視聴チケット料金:2,000円

配信期間中は何度でもご視聴いただけます。


Sapporo Dance Collective(さっぽろ だんす これくてぃゔ)とは、クリエイターが集い、提案、実験、対話し、ダンスを創造する場です。

 

2018年に発足し、羊屋白玉氏(指輪ホテル芸術監督)をディレクターとして迎え、第1作品は2018年8月〜12月のクリエイション期間を経て、12月14日〜16日の3日間公演を行いました。2019年度は3つのグループに分かれて『HOME』をテーマにオムニバス形式で作品をつくり、3回のワーク・イン・プログレスを経て、作品創造、発表。

2020年2月29日~3月1日、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため劇場での上演が自粛される中、感染症対策を行い公演を行いました。

 

 2020年度は札幌市文化芸術公演配信補助金「さっぽろアートライブ」を活用し、配信公演さっぽろ文庫101巻 『声』を無料配信いたしました。2020年10月15〜18日には、オンラインイベントTERATOTERA祭り2020「Collective -共生の次代-」に参加しました。

 

2022年は、造形作家タケナカヒロヒコ氏主催の「THE ICEMANS」が北海道各地域で行っている、雪と氷を素材とした滞在型造形制作プロジェクトに同行し作品を作ります。氷による造形物が発生した家々とその周辺を生活のフィールドワークを通じてワーク・イン・プログレスを行い、サッポロ、マシケ、シリベシでの出来事を作品にまとめ配信公演いたします。